目立ついぼは美容外科で除去|コンプレックスともお別れ

女の人

ウイルス性疣贅とは何か

頬を触るウーマン

様々な療法と予防対策

いぼとは、皮膚の表面にできる比較的硬いできもののことで、正式にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれ、その名の通りウイルスが原因です。このウイルスはヒト乳頭腫ウイルスというもので、小さな傷口などから侵入し、表皮の一番深い部分で増殖して、段々と盛り上がって行くようになります。足の裏にできるものはあまり盛り上がった形にならず、魚の目やタコと間違われることもあります。このいぼの治療方法には、病院で治療する方法もありますし、また民間療法も色々知られています。民間療法としては、イチジクの実や葉の汁を塗る、ひまし油や杏仁オイルを塗る、あるいははと麦茶を飲むなどといった方法もあります。このはと麦は、いぼの治療薬として用いられるヨクイニンが含まれているため、民間治療としてはよく用いられることがあります。またいぼはウイルス感染によってできますので、ウイルスをできるだけ防ぐようにすることも大切です。感染経路は現在はまだはっきりしていませんが、家族にいぼの患者がいる場合は、タオルなどを別の物にする、あるいは皮膚を清潔に保ち、摩擦や紫外線を避けるなど工夫してみましょう。また、免疫力が下がった時にできやすいので、規則正しい生活をするのも予防策の一つです。

レーザーと液体窒素の違い

病院でいぼを治療する場合には、レーザーと液体窒素、内服薬が一般的です。このうち内服薬はヨクイニンエキスを含んだもので、痛みを感じずに治せるのが最大のメリットですが、いぼによって効果が出やすかったり、あるいは出にくかったりします。また東洋医学に基づいた治療方法ですので、即効性はあまりなく、長い期間をかけて治療したいという場合にお勧めです。レーザーは、いぼをそっくりそのまま除去する治療方法で、痛みや出血があまりないのが特徴ですが、保険の適用外になるため、クリニックによって料金設定にかなり差がありますし、すべて実費負担になります。もし保険が適用される治療方法を望んでいる場合は、液体窒素を使うやり方がお勧めです。これは、かなり以前からいぼの治療に用いられています。こちらは患部に液体窒素を綿棒状の道具で押し付け、低温やけどを起こさせて焼き取ってしまう方法です。処理後は、他のウイルスに感染しないためのケアが必要になります。またレーザーとは違い、長期にわたって治療を続けなければならないこともありますが、治療そのものは2000円程度ですので、お手頃な料金でいぼを治したいと考えている人には、この液体窒素を使う方法がお勧めです。