目立ついぼは美容外科で除去|コンプレックスともお別れ

女の人

皮膚の悩みの改善法

鏡を見る女性

病院でのケア

肌のくすみやしみは女性が抱えることの多い悩みですが、男女問わずに悩む人が多いものにいぼが挙げられます。いぼの原因は遺伝性からウイルス性まで非常に様々で、さらにいぼを引き起こすウイルスの種類も無数に存在します。そのため、治療に際しては原因を特定したうえで一人一人に応じた方法を用いるようにしましょう。いぼを病院で治療する場合、主に処方薬やレーザー療法、液体窒素療法が用いられます。処方薬はウイルス性のいぼに対して用いられることが多く、体質を徐々に改善しながらいぼの除去を目指します。レーザー療法は近年美容皮膚科を中心に人気を集めている治療法で、局所麻酔を使うため治療の際の痛みがなく、通院回数も少なく済む点が注目されています。保険が適用されないものの、即効性や利便性からレーザー療法の需要は高まっています。液体窒素療法は以前から中心となってきた治療法の一つで、患部に低温やけどを生じさせることでいぼの除去を行います。低温やけどで痛みが伴うことがあるものの、ほとんどの皮膚科で受けられる療法で、保険も適用されるため受けやすい治療だと言えます。この主要な3つの治療法を理解したうえで、医師と相談してどの療法を用いるかを決めることが重要です。

診察を受ける重要性

いぼの治療のためには市販薬が多く発売されているほか、ハト麦茶を飲むなどしっかりと根拠のある民間療法も多く存在します。これらの自分でできるケアを行いながら、最も大事なのは医療機関の診察を受けることです。市販薬は特定のウイルスに対応しているため、発症の原因によっては効かないことがありますし、皮膚との相性が合わずに肌荒れが起こってしまう場合があります。また、民間療法は体質の改善によっていぼの除去を目指すため、ウイルス性のものに対してはあまり効果を発揮しないことがあります。市販薬も民間療法も、原因が特定できた上で自分に合った療法を選択すれば便利なものです。原因の特定は医療機関で検査を受けることでしかできないため、いぼの治療はまず医師の診察・検査を受けることを優先することに注意しましょう。また、治療を受ける病院の種類には皮膚科や美容外科・美容皮膚科がありますが、一般的な皮膚科では患部の改善に特化したケアを受けられます。美容外科・美容皮膚科では、肌のしみや黒ずみなど、他の問題点も総合的にケアすることができます。自分の症状の程度や理想の仕上がりに合わせて、どの医療機関を選ぶか決めることにも注意が必要です。