目立ついぼは美容外科で除去【自分に合った方法が選べます】

レディー

皮膚の悩みの改善法

鏡を見る女性

男女ともに抱えがちな肌の悩みにいぼが挙げられ、病院では服薬・レーザー・液体窒素を用いた治療を受けられます。いぼ治療のための市販薬・民間療法も多くありますが、いぼは原因が非常に様々なので、まずは医師の診察を受けることが大切です。

きれいに早く治すには

ドクター

漢方薬もあるけれど

いぼに悩む女性は意外に多く、ドラッグストアなどではいぼに効くという漢方薬等をはじめとした飲んで治すタイプの薬が多数販売されています。しかし最も短期間でいぼを治療する方法は、美容クリニックで取り除いてもらうというものです。漢方薬などは昔から利用されてきた治療法ではありますが、その作用は比較的穏やかであるため、個人によって効果の出方にかなりの差があるのです。また漢方薬というのは長期間飲み続けなければ治療効果が現れないことも多いものです。そうしたことから、女性たちの間では気長に続ける飲み薬による治療よりも、美容クリニックですぐに処置してもらえる治療法の方が人気が高くなっています。美容クリニックでのいぼ治療には別のメリットもあります。いぼと一口にいってもその性質は多様であり、中には悪性の腫瘍のようないぼもないわけではありません。そこまで危険性は高くなくとも、細菌性のいぼの場合は他の箇所にうつってしまったりあるいは家族などまわりの人にうつしてしまったりすることもあります。美容クリニックではまず医師が問診を行い直接いぼをチェックするので、そうした危険なタイプのいぼであればすぐに適切な処置をとってもらうことができます。

いろいろな処置の仕方

美容クリニックでの治療の方法には複数のやり方があります。クリニックの医師がその場で最もよいと思われる方法を提案してくれますし、あるいはいくつか提示された治療法の中から患者自身が一番希望する方法を選んで伝えることも可能です。跡を残さないことに重点を置くか、または痛みのないことを最優先するかなど、個人の希望によっても望ましい治療法が変わってくるのです。細菌感染の恐れがなく、サイズ的にも小さめのものであれば、簡単に医療用の鋏で切除するという処置法もあります。サイズがごくごく小さい場合にはこのやり方でも跡が残るようなことはまずありません。直に切り取ったりするような方法が怖いという女性には、麻酔をかけた上でレーザー機器を使っていぼを取り除くという方法もあります。これは特に女性に人気のある治療法です。熱を使うレーザーとは反対に冷却することによっていぼを除去することもできます。これは液体窒素を塗布するというやり方で行います。液体窒素を使う場合は少しずつ治療を進めていくため、ある程度の期間が必要となることが多いです。ふつうの外科や皮膚科でも可能な治療法ですが、きれいに仕上げるのはやはり美容クリニックの方が得意だといわれています。

ウイルス性疣贅とは何か

頬を触るウーマン

いぼの治療方法には様々なものがあります。民間療法では、はと麦茶による治療が知られています。病院で治す場合は、レーザー、液体窒素、そして内服薬の3通りの方法があります。外科的療法のうち、レーザーは効果は高いけど保険が適用されないため、保険の適用内で治療を受けたい人は、液体窒素を使う方法がお勧めです。

レーザーと液体窒素

先生と看護師

いぼを治療する美容整形にレーザー療法と液体窒素の2つがあります。前者はいぼの部分に照射することで根元からくり抜くことができます。また、後者は表面を焼き切ることで治療します。料金は数千円程度の安価です。

体にできる出来物の原因

4人の医師

いぼの原因はウイルスの感染です。ウイルスを持っている人からの感染を防ぐためには、患部を直接触らない、タオルなどの共有は避けるなどの対処方が有効です。治療法はいくつかありますが、費用等に差がある為、自分に合った治療法を医師と相談して決めるようにしてください。